【お役立ち情報メニュー】医療レーザーは毛根だけを破壊

"多くの女性はもちろんのこと、男性だった無駄毛の処理に力を入れており、様々な方法で脱毛をされていることでしょう。
最も確実に安全な無駄毛処理を求めているのでしたら脱毛エステの利用を検討すると良いでしょう。医療レーザーにつきましてはエステサロンで採用しているレーザーとは異なっており、クリニックのレーザーは医療なのです。
皮膚の病気などで手術をする時に使用をしている機器ですので、高度な脱毛処理をすることが出来るのです。

 

全く肌にダメージを与えることの無い医療レーザーは、敏感肌の人でも普通に脱毛をすることが出来ます。
最もリスクを感じさせない脱毛方法と言っても過言ではありません。医療レーザーというのは、これまで皮膚の治療方法の一つとして幅広く使用されてきていました、
毛根だけを感知し破壊をしていきますので、大切なお肌にダメージを与えてしまうようなことはありません。"



【お役立ち情報メニュー】医療レーザーは毛根だけを破壊ブログ:22年11月24日

皆様は、腹筋トレーニングをすると、
腹周りの脂肪がなくなって、
腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋トレーニングを毎日続けていると、腹筋がつくので、
確かに腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪として腹に残っているのです。

腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋トレーニングは、
脂肪を燃焼させるためのトレーニングでもないんですよね。

脂肪燃焼に効果があるトレーニングと言えば有酸素トレーニングですが、
腹筋トレーニングは、この有酸素トレーニングには属しません。

腹筋トレーニングのようなすぐに終わってしまうトレーニングでは、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋トレーニングしても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みで腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい体質を手に入れることもできます。

また人間の体質は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋トレーニングを続けていれば、
腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。



このページの先頭へ戻る