【お役立ち情報メニュー】脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる

"正直な話私達人間の身体には無駄毛というものは無く、見た目の美しさを妨げてしまっている無駄毛のみとなります。
つまり身体には必要な毛ということになりますので、とにかく正しい無駄毛の処理をする必要があるのです。脱毛クリームというのはお肌にトラブルが起こってしまう原因となり、その結果かぶれや腫れ、湿疹などといった症状が出てしまうこともあります。
またアレルギー症状が現れることもありますので、脱毛クリームの利用は敏感肌の人は避けるべきです。

 

脱毛ではなく、毛を見えにくくする脱色剤は比較的安全に使用をすることが出来ると言われています。
しかし脱毛クリームよりもかぶれや湿疹やアレルギーなどが発生してしまう可能性が高くなっているのでご注意ください。脱毛クリームの最大のデメリットというのは、やはり肌を傷めてしまう可能性が高いということです。
安物の脱毛クリームを使用してしまうと、お肌に大きなダメージを与えてしまうこともあるので十分にご注意ください。"



【お役立ち情報メニュー】脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられるブログ:22年12月03日

2週間前久しぶりに、
僕はミートソースを手作りで作りました。

人参も、玉ねぎも、ピーマンも…
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。

みじん切りをしていると、
僕はいつも思い出す出来事があります。

それは、小学校の低学年の時の事です。

僕が一人で、
家族の夕方飯の支度をした
初めての事だったのではないかと思います。

学校で調理実習をやってご機嫌だったんですよね。
嬉しくなった僕は、
お母さんに夕方飯は僕が一人で作るって言って
台所に立ったんです。

ところで!
みじん切りって、
あらゆる切り方の中で一番手間がかかりますよね?

そうです。
ろくに家事などやったこのない子どもが、
玉ねぎのみじん切りをしているところを想像してください…
当然僕は、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!

学校で教えてくれる「みじん切り」って
短冊状に切って、それを細長く千切りにして、
さらに、細かく切っていきますよね…

かなり時間がたってからお母さんが台所に現れ、
「まだ切ってたの」と苦笑い。

そして、短冊状ではなく、
斜めの細い輪切りにしてから、
千切りにして細かくしていきました。

その後が
当時の僕には感動的だったんですよね。

みじん切りにするときに、
包丁の先をまな板に固定して、
ざくざくと細かくしていく作業ありますよね。
お母さんはそれをやったのです!

子どもながらに、お〜すごい!!
と思いました。

今思えばどうってことないことなのですが、
そんなこと知らない僕は先生が教えてくれるままに、
一回一回切っていたのですから…

こうして、新しい技術を手に入れた僕は、
正味2時間くらいかかったでしょうか、
それでも、なんとかミートソースが出来上がりました。


このページの先頭へ戻る